検討対象製品1について(4)新規性があれば出願する

引き続き,今回の検討品は,下記の自立型の手摺です。

前回は,「新規性」と「進歩性」について,解説しましたが,それでは,今回の検討製品に進歩性があると言えるのか?それは,どうやって検討したらよいのか?について考えたいのですが,実際に,特許出願する際は,「新規性」があれば,出願するというスタンスを取ります。
というのは,「進歩性」というのは,判断が難しく,特許庁の審査官,審判官,裁判所で,判断が分かれてしまうほどです。
ですので,出願段階では,当然,「進歩性」についても,考えますが,「新規性」があれば,出願するというスタンスをとっています。
ただし,将来,「進歩性」がないと判断された場合に備えて,「落としどころ」を用意しておきます。次回,「落としどころ」の考え方について解説します。

投稿カテゴリー: 事例研究. Bookmark the permalink.