検討対象製品1について(1)

弊所で取得した特許を例に,どのようにして特許が取得できたかを検討していきます。
今回取り上げるのは,弊所のお客様の下記の製品です。

これは,自立型の手摺でして,この手摺をもって,「よっこらしょと」,起き上がるという商品です。
1本のパイプを曲げただけの商品です。
構造があまりに簡単ですので,こんなので,特許が取れるのか?と感じる方も多いと思います。
こういうケースでも,特許がとれまして,次回,どのように考えていくのかを検討していきます。

投稿カテゴリー: 事例研究. Bookmark the permalink.